Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabimogura.blog33.fc2.com/tb.php/270-2f1259b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハンドルとタイヤの向きが最大90度違う」は、どう考えてもリコール対象

しばらく当ブログももう一方のブログも更新してませんでしたが、5月の旅行後カウンターサービスをもう一方のブログに入れてみたものの「ゼロ」続きで、どうしようかと考えていただけなので。
巷ではまたもや「トヨタ車のリコール騒ぎ」が取りざたされているようですが、
「なんかあるのかな」とは思っていた。
レクサス向けと上司から聞かされていた部品の出荷が、GW以降になっても止まったままです。今までに一箱も出て行かない。
で、納入先の在庫調整かと思っていたら「レクサスLSの一部納車分に不具合」……。原因はLSの売りだった「ギヤ比可変ステアリング」の制御プログラム。対象となる車は制御プログラムの改良が裏目に出たそうで、低速域でハンドルを一杯に切り、それから急にハンドルを戻すと直進の状態よりも最大で90度近く動くとか。
http://mainichi.jp/enta/car/news/20100519dde041020008000c.html

当たり前の話だけれど、絶対に「走る・曲がる・止まる」が運転者自身で制御できなきゃ車とは呼べない。そしてその3つの要素の中でも、「曲がる」と「止まる」は確実でなければならない。なぜなら操舵(曲がる)と制動(止まる)ってのは、事故を回避する際に一番肝心な部分だからです。それを実現するためには、部品の精度はもちろん必要だけれど、それ以前に「曲がる」ためのシステム、あるいは「止まる」ためのシステムそのものが「絶対的な信頼性」を持っていなくてはならない。今回の問題は以前に指摘された「ABSの効き」に関する問題とは、完全に違う次元の話です。「曲がる」というシステムに重大な欠陥を持った車が市場に出てしまったのです。購入者には大変申し訳ないのだけれども……レクサスがどうのこうの、じゃあない。
基本的には直接運転者が車の挙動をコントロールできるようにした方がいい。しかし今は「環境問題」や「運転のしやすさ」などを理由に、多数の車種で車の機能のあらゆる部分に電子制御を介在させてしまっている。ならばその制御に必要なプログラムは、絶対的に信頼性の高いものでなくてはならないのです。低μ路だろうが高μ路だろうが、急に切ってもゆっくりと切っても、確実に所定の動作をするように。今回の「プログラムの改良」は「より運転しやすくするために」やったというけれど、「運転しやすくする」以前に、「確実に所定の動作をする」という点が(開発者らの頭から)抜け落ちているんじゃないか、と疑いたくもなります。反論がおありなら、
製品で示せ!

朝、仕事に行く前に一回書いて、帰ってきてまた書き直したんで、朝に当ブログを見た方には申し訳ない。ただ一つだけ言えるのは、これ以上放置プレイされると製品が錆びる可能性があるってことです。何しろこれから高温多湿期に入るので、出始めたらあっという間ですわな。もちろん錆が出たら最悪の場合、廃棄して作り直し。その責任は当然、全部下請け……ぐはぁっ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabimogura.blog33.fc2.com/tb.php/270-2f1259b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

タビモグラ

Author:タビモグラ
時々意味不明な「迷言」も登場する、妙なブログへようこそ。ここに入り込んだが最後、失笑と「晒し上げ」の波にあなたのブログも巻き込まれるだろう。
なお、同時にブログ「鉄道旅行とは、巡ること」を展開中。ブログの記事中では車両の構造とか路線の詳細データとか、テツが欲しがりそうな情報は一切提示していないので念のため。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。