Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabimogura.blog33.fc2.com/tb.php/278-0252acc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高知よさこい祭りは「踊り子が踊る」だけではない。

「よさこい」と名の付く、付かないに関わらず、「踊り手が通りやステージで演舞を披露する」祭りは全国各地で行われている。それらが高知よさこい祭りをお手本にしているというのも周知の事実。しかし、本家の「高知よさこい祭り」は「ただ単に踊り手が演舞を披露する」だけの祭りではない。高知の名酒「司牡丹酒造」社長の公式ブログ、「老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog 『口は幸せのもと!』」の2010年8月16日の記事をまずは読んでいただきたい。リンクは以下に貼っておく。
http://blog.livedoor.jp/tsukasabotan/archives/51505501.html
 このブログ記事中で注目すべきは「最後は総踊りになった」という点ではない。その前、「手作りメダルの授与があった」という点だ。
 高知よさこい祭りの会場は2種類あり、演舞の審査が行われるのが「競演場」、審査を行わないのが「演舞場」と呼ばれる。そしてその競演場ではチームごとの演舞審査とは別に、「元気よく踊った」踊り子個人に対して審査員が「メダル」を授与することがある。ところが司牡丹酒造社長が記事の中で触れた「メダル」はこれら大会の審査員とは全く無関係で、作ったのは「四国管財株式会社」の社員だ。その経緯は四国管財社長の公式ブログ2010年8月11日付に書いてあり、それによると「昨年、もらっていない方にコンビニで買ったメダルをあげたら喜ばれた」から、今年は100個手作りでメダルを作ったのだそうだ。四国管財社長と司牡丹酒造社長の合同誕生日パーティーの会場である、レストラン(でいいのか?)「Baffone」前にわざわざ私設審査員席を設け、手書きで「夢 応援」と記したメッセージボードまで設置したそうだから大したものである。が、重要なのはそれだけではない。彼らが取った一連の行為を柳町演舞場の関係者は誰一人として止めていないのだ。
 宴席とはいえ、市民が大会の審査とは無関係に自分たちでメダルを踊り手の首にかけていく。そして柳町演舞場の関係者は誰もそれを止める事はなかった。そこにあるのは「自分たちで盛り上げる祭り」という意識、あるいは踊り手に対する「感謝」の意識だ。高知よさこい祭りの目的は賞をもらうことでも賞を授与することでもなく、本当は市民・住民と踊り手が一体となって盛り上げることなのだ、と。改めて「高知よさこい祭り」はすごい祭りなのだと思った。さて、来週は名古屋で「にっぽんど真ん中まつり」が行われる。規模は大きくなっているが、果たして地域住民も一体となって盛り上げる祭りになるのかどうか……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabimogura.blog33.fc2.com/tb.php/278-0252acc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

タビモグラ

Author:タビモグラ
時々意味不明な「迷言」も登場する、妙なブログへようこそ。ここに入り込んだが最後、失笑と「晒し上げ」の波にあなたのブログも巻き込まれるだろう。
なお、同時にブログ「鉄道旅行とは、巡ること」を展開中。ブログの記事中では車両の構造とか路線の詳細データとか、テツが欲しがりそうな情報は一切提示していないので念のため。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。