Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabimogura.blog33.fc2.com/tb.php/286-ab7f1152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加害者側の家族や親戚のその後は

加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)
(2010/11/27)
鈴木 伸元

商品詳細を見る

某書店で買い、今何度も読み返している。
被害者側の家族についてはマスコミが同情の目を持って(あるいは好奇の目を持って、とも)報じているが、しかし加害者側の家族についてはどのマスコミも報じたことがなかった。今もまともに報じられることはない。
日本とは「村八分」あるいは「村十分」なる社会的通念が残る国である。何かいいことをすれば世間から褒められるが、悪いことをすれば途端に本人だけでなく家族、親類や付き合っていた知人までもが地域社会から追い出されてしまう。その点を事実を元に追及したこの本は、本来ならベストセラーになってしかるべきなのだがその気配はない。このブログをご覧になられた方、書店でみかけたらご購入の程を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabimogura.blog33.fc2.com/tb.php/286-ab7f1152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

タビモグラ

Author:タビモグラ
時々意味不明な「迷言」も登場する、妙なブログへようこそ。ここに入り込んだが最後、失笑と「晒し上げ」の波にあなたのブログも巻き込まれるだろう。
なお、同時にブログ「鉄道旅行とは、巡ること」を展開中。ブログの記事中では車両の構造とか路線の詳細データとか、テツが欲しがりそうな情報は一切提示していないので念のため。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。